• ホーム
  • 美白やニキビの後遺症も効果があるオロナイン

美白やニキビの後遺症も効果があるオロナイン

肌がきれいな女性

昔から家庭にあったオロナインと言えば、傷や肌荒れの薬というイメージが強い方が多いでしょう。
しかし、ニキビなど肌の後遺症にも使えます。
ニキビが出来た後は、治っても肌がくぼんでしまって後遺症のように跡が残る方もいます。

ニキビ対策は、洗顔等で清潔に保つことが重要ですが、ビタミンCの補給や保湿、皮膚の生まれ変わりを目指すスキンケアが必要です。
オロナインは、細菌を殺傷する効果はあり、水分の蒸発を防ぎ乾燥から肌を守ってくれるので適しています。
ですから塗る時にも、ごく少量をニキビの上に付けるだけで問題ありません。
たくさん使うと返って毛穴を塞いでしまうため、治りが悪くなってしまうからです。
注意をしてほしいのは、オロナインが全てのニキビや後遺症に効くというわけではないことです。
赤ニキビには、比較的効果が得られますが、白ニキビや黒ニキビには効果がありません。
個人差もある肌の後遺症ですので、充分に経過を見ながら少量ずつを使ってみましょう。

また、オロナインには美白効果もあると言われています。
有名な美容家が使用していることで、広まったのがオロナインを数滴の水で伸ばして顔に付ける方法です。
科学的な根拠は、商品の説明にはありませんが、殺菌効果があることで角質や黒ずみを改善する作用があるために、美白を体感している方もいるのは確かです。
敏感肌で何を付けても合わないと感じていた方でも、オロナインであればデリケートな肌であっても刺激が弱く、殺菌作用があるので肌のバリアになることから、美白効果も期待できると言われています。

昔からどこの家庭にでもあったオロナインには、肌に関してこのように傷や肌荒れの目的だけではない作用も期待できます。

人気記事一覧
アーカイブ